2010年09月25日

尖閣諸島沖漁船衝突事件

尖閣諸島沖漁船衝突事件、海外にいる自分も注意深く見守っていました。 
今日釈放のニュース。
やはり、、、か。 ましてや謝罪、賠償請求だと、、、!?!?

日本政府は検察に任せた結果と言っているようですが、国内の情勢を感じつつ水面下で出来る限りのことをした結果なのでしょう。
政治家一人一人も日本国民、多くは日本男児であって悔しい思いをしながらも」苦渋の決断を迫られたのではないのだろうかと我勝手に想像しています。

一方で僕がファンの石原慎太郎氏のコメント、、、


「中国はやくざと同じ」「頼まれても
行かない」



尖閣諸島問題、、、これからどうなっていくのでしょうか? 僕自身は知識不足なのでここで意見はできません。

しかし、これだけは憤慨している皆さんに問いたい。





あなたは戦争をする覚悟ありま
すか???





自分はどうなんだろうか、、、

posted by yOSHI at 12:29| バンクーバー ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
戦争する覚悟云々以前に
政治的な外交戦略をすっ飛ばして
全力で土下座外交をする政府に
ただただ憤りを感じる次第です。

だってこのままじゃ、戦わずして
侵略されてしまうで!
Posted by ザクレロ at 2010年09月25日 21:31
今こそ、日本人は幕末に返るのでごわす。これは明らかに蒙古襲来じゃ!まず日本の幕府より優れた国を作るぜよ!海外におる天照の国の人たちよ立ち上がれ!そして今の幕府を討幕するのじゃ!
Posted by 薩摩藩 中村龍馬 at 2010年09月25日 22:03
非常に残念な結果だけど、企業人としては、いまや大陸のマーケットにすがるしかないんよなぁ。

それにしても、面積はデカいけど、ちっちゃい人間が多い国やわ。マナー、モラルもないし。

三宮、元町辺り帰ってきたら、ビックリするで。中国人観光客の多さに。

それにしても、日本政府、せめて何らかの条件くらい、中国に突きつけて欲しかったな。

情けなさすぎる・・・。

Posted by ウエッチ at 2010年09月25日 22:06
ホンマやられたい放題、主権国家とは何ぞや?といいたいところだけど、
腹を立てると彼等の思うツボなのだ。

日本としては「あそこは明らかに日本国の領土なので、過敏に牽制制裁する必要はない」って事。
逮捕容疑は「公務執行妨害」で、海上保安官に怪我はなし。
例えば、三ノ宮(日本の領土)で中国人が公務執行妨害で逮捕されたのと近い解釈でいい。
これを処分保留で釈放してそんなに騒ぐ必要はない、と。
過敏に反応すると、国際社会は「領土問題がある」と解釈するからね。
これぞ領土紛争に持ち込みたい中国の書いた絵なのさ。
むしろ今回は、クリントン婆に「尖閣諸島も日米安保条約の範囲」と明言させたので
中国は戦略的には大失敗しているんよ。
あちらさんも国内はゴタゴタでたいへんだから、引きどころ間違えたね。
今も(彼等が歴史的に大好きな)「賠償」ってキャンキャン言ってるけど、
所詮、負け犬の遠吠えなのよ。(我等も虎の威を借る狐の分際だけどね)
ていうかあれは中国の国内向けアピール、つまりは敗戦処理ね。

確かに弱腰外交は気分が悪いし、腹が立つ。
しかし、空母を持たない自衛隊が実務としての戦争をできるか?
徴兵制のない日本で、君達は自国を守ることができるか?
母達よ、自分の子供が戦争に行く事に耐えられるか?
資源を持たない日本が「強い外交」を語るなら、自国防衛を自前でやり遂げて初めて強いカードが切れるのだ。
徴兵制や国防増税の痛みを国民が負担して、初めて強硬論が唱えれよう。
というか、まずは憲法を改正しないとなぁ?

ま、尖閣諸島に関して我等日本は「輩中国」が一方的に寝言をワァワァ言っとるな、という姿勢でいいのだ。
今中国と戦争しても、日本にとってもアメリカにとっても何も良いことはないからね。
んなことよりも、鉱物売ってもらって、商品バンバン売りつけないといかんのだ。
竹島は実効支配されてるんで、あちらはもっとガンガン行かんとアカンが。

私的には、司法、行政、立法の三権分立が暗黙に崩れたのが残念だな。
例の郵便割引問題の煽りで「司法側が行政に譲歩した」ってのが絵なのかなぁ??
とすれば、「あれは前田検事の個人犯罪、組織は無傷」って事になるんだろねぇー?

んで、いつ帰るねん?
Posted by まあまあ落ち着け at 2010年09月26日 13:53
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。