2012年02月12日

ブログ引越です

2005年8月から細々とやってきましたこのブログ、少し乱雑になり、デザインも垢抜けないので今回心機一転引越しを決めました。
引越し先は http://yoshivan.posterous.com/ になります。
ブログ名も変えました。 内容は変わりなく日常のしょうもないことを独り言感覚でアップします。

相変わらずスローな更新ですが、これからは携帯からもアップできるのでもう少し頻繁に出来たらいいと思っとります。

お手数ですがブックマークされていた方はアドレス変更をお願いします!

では、引越し先にてお待ちしております。

yOSHI


引越し先

posted by yOSHI at 15:09| バンクーバー ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月12日

iPhoneの鎧

iPhoneデビューから約1ヶ月。いいですねぇ、こいつは。
 使ってたPalm のPreとは比較にならないスムーズ感。全くストレスがない。

iPhone購入決定した時点で探し出したケース。 仕事柄、「防塵」が最大の課題でした。
Otter caseをはじめ色々リサーチした結果僕が選んだのは「LifeProof」.

水深2メートル防水。防塵なんて問題にならん。


なんとも 防水,耐ショックでこんなにスリム!
lifeproof-iphone-4-case.jpg









使い始めて2週間、本体を取り出すと傷一つ無い新品状態!


構造はこんな感じ。

lifeproof-slimmest-military-spec-iphone4-protective-case.jpg

操作性にも全く問題なし。チャージはケース底のキャップを開けてケーブル刺すだけ。
カメラ、フラッシュにももちろんレンズカバーがついています。イヤホン・ジャックはねじ式のキャップで付属の防水アダプター装着でで濡れながら音楽も聴けます。

現場で人に見せると皆欲しがられますよ〜。

僕は帰宅後シャワー時に誇りまみれになった自分とiPhoneを洗っていまするんるん





iPhone4, 4Sユーザーには激お勧めの良品です!!









posted by yOSHI at 17:17| バンクーバー ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | yOSHI 's なんでも良品カタログ! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月11日

夏 2011

お久しぶりです。 すっかりブログから遠ざかっており、もし楽しみにしている人がいたら申し訳ないです。そして今見ると政治ネタが続いてしまいました。 中国製品不買運動は今もいつも心がけています。しかし完全にシャットアウトすることは非常に難しいです。また、東北地震後、家でもようやく非常食を用意しました。(今のところインスタント・ラーメンだけ、、、-_-;) またイザという時にはキャンプ道具はすぐに使える状態にしているのでこれは心強いです。原子力発電は今色んな議論が交わされているようですがどうなるのでしょうか、、、。原発大国ドイツは早々と全面撤廃の方針を決定したようですが日本は何処へ行くのやら、、、。

さてさてここカナダはバンクーバー。天候不良が続いていましたがやっと落ち着いたかなと思ったらもう秋の気配が少しだけしてきたのです、、、。
なんとも悲しい!日本は例年並みに暑いようですね。 こちらは冷夏です。最低最高が13度〜23度といった感じです。こんな事言ったら呆れられるかもしれませんが、「日本の夏が恋しいぞ!!」の今日この頃です。


今年のキャンプは4泊を2回。もう一回企んでいますがお天気次第。

毎年少しづつアップグレードしている我が家のキャンプです。


気に入ってここ数年何度もこの同じ場所に来ています。 車で2時間ちょっととなんとも手軽な距離でこの環境
CIMG0783.jpg








このプライベートなキャンプ場。 州立公園で一泊16ドル。
P7300137.JPG

水汲み場。 飲料可。 
P6290075.JPG
 
 



 
P7310352.JPGすごく重いのです。



前回の装備
P6290034.JPG





今回の装備
P7300135.JPG
P7300139.JPG







朝食。Grilled Cheese!!
P7310305.JPG












定番・焼肉。
P7300300.JPG











今回いちばん大きなアップグレード。Cabela's Delux Camper’s Kitchen。優れもの。
P7300126.JPG








タンドリ・チキン
P7290037.JPG












鶏のワイン煮込み
P8010548.JPG











友達が作ったつくね。激うま。
P6290082.JPG

同じく友達が作ったパン。うまい!

P7010224.JPG

ただ焼いた人
P7010220.JPG


レオ、初花火。
P7310450.JPG

雨が降ってもなんのその。温かくしてさえすれば楽しいのだ。
P6290048.JPG

P6290055.JPG




夏よ、まだ行かんといてくれ〜!







お付き合いありがとうございました!


posted by yOSHI at 12:46| バンクーバー ☁| Comment(5) | TrackBack(0) | キャンプへ行こう! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月04日

日本再生への道

東北大震災で亡くなられた方々にお悔やみを申し上げます。

災害の規模として戦争を経験してない自分にはあまりにも自分の想像を絶する範囲で言葉で表現するには軽すぎる気さえします。それもテレビやPCのモニターで目にする映像だけでそう思うのです。

ここカナダでも連日のように大きく報道されていました。 うちでも日本のNHKが観れるTV JAPANを一日中流しっぱなしで新しい映像が流れるたびに画面の前から動くことが出来ませんでした。


インターネットがある昨今、情報、映像はまさに光の速さで世界を駆け巡りました。 また援助の輪、個人個人の意見も同様に。



福島原発の政府の対応には初めから驚きました。
最初の異変が起きた時点で近隣に住む住人には「最悪の事態」が起きた場合の事を想定した距離まで退避させるべきでした。
20−30キロは屋内待機を聞いたときには耳と目をを疑いました。ちなみに僕は放射線など全くの素人です。

 屋内待機ということは外に出れない。では彼らには十分な飲食料があるのか、それとも誰かが届けるのか? それもどれくらいの期間? 
連日報道されるのは避難所だけ。 業を煮やして日本のNHKとTBSに電話して20〜30キロ圏内の人々はどうなっているのか報道してくれと電話しました。「調べてみます」というのと「買い物には行っているようだとの報道が出てます」とそのときの返事でした。

 言うに及ばず官僚、東電の記者会見もすっきりしない物ばかりで相変わらずとはいえ、呆れました。 

この政府には「危機意識」も「危機管理能力」もない。


しかし僕たちがメディアを通して観れるものは表面のほんの一部です。 見えないところで今も命を削って事態を収めるべく戦っている方々に敬意を表します。



今後の日本。 どうやって再生すべきか? 今日は僕がどう思っているかを聞いてください。

まず政府は世界に向けて膨大な援助を受けたお礼を発信しなければいけない。隅々までいきわたる形で。
その後、日本は原子力発電を全て段階的に凍結、廃棄していくということをまたこれも、いや同時に世界に向けて大々的に公言する。

素人なりに少し調べましたが、日本は原子力なしでも需要を賄っていけるという意見、いやそれは無理、と専門家の意見は双方に割れるようです。 しかし、もうこうなった以上、無理をしてでも全面廃止に動かなければ、もし、もう一度同じようなことがあれば、、、想像は簡単に出来ると思います。

日本政府は新しく「自然エネルギー省」を設立し予算を設ける。 これが元になり企業に自然エネルギー研究、開発を今まで以上に奨励、推進、援助することにより設備投資、雇用拡大も広がり経済は動き出す。

願わくば10年後に日本は世界で一番進んだ「自然エネルギー国」として認知されるようになる。また世界は日本に追従しようとするでしょう。

もちろんこれをやり遂げるには「リーダー」と優れた政府が必要でしょう。



これが僕の「日本再生構想」です。我ながらあまりにも短絡的だとは思います。 しかし今の日本がまた復活するにはなにか特殊なことをしなければいけないような気がします。




頑張れ、日本。






ラベル:東北大地震
posted by yOSHI at 13:41| バンクーバー ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月01日

No more "Made in China" 我々が今すべきこと、、、

242191_789470.jpg


尖閣諸島の事件で船長釈放後も日本政府に謝罪を求めている高慢で高圧的な中国政府。
国際世論はこの中国の態度をどう受け止めているのでしょうか。

【中国人船長釈放】「力のない正義は通用せず」韓国紙も対中警戒論(産経9/25)

■【中国人船長釈放】インド、“中国脅威論”を裏付ける(産経9/25)

■過激中国、評判は失墜 各国メディア、警戒にじむ(東京9/25)


これらの記事からも見てとれるように、中国の態度を警戒し出している雰囲気が今噴出してきています。

今この状況を我々は利用しない手はありません。 政府が何も具体策を出さない今、我々国民に出来ることがあります。

それは、

ズバリ、



「No More Made In China」




です。何が何でも「中国産を購入しない!!」
食品に始まり、衣料、電化製品、玩具、とにかくなんでもまず原産国をチェックして中国産は拒否。
もしこれが広まれば、日本、はてや世界中の企業も「安けりゃいいさ」を考え直すでしょう。

実は今回の事件が起こる以前から、個人的に「安物」は買わないようにしたほうが良いのでは、、、と考え、また実行していました。
安物をその場しのぎで買い、結局長持ちするわけないから周期的に買い換えることになる。 その結果、当然ゴミも増えるわけです。
子供ができたことによって買い与える玩具。大半がプラスチック。 見た目だけはカラフルで軽いし怪我もしにくい。 しかしどうしても「愛着」なんか湧きにくい、、、おまけに安いので親も「飽きたら捨てりゃあいいさ。」とくる。この「常識」のおかげで当中国は経済大繁栄〜!軍備大増強〜〜!!
中国産おもちゃ一つ買えば中国軍の小銃の弾一発になってるんではなかろうか、、、。


それにこれでは中国に寄与するばかりか子供に物を大事にする精神など教えられたもんじゃあない。
安いたくさんのおもちゃではなく、価値のある少しのおもちゃを与えたいじゃありませんか!


これを読んでくれている皆さん、それぞれに諸事情、反論があるとは思いますが、草の根から変えていきませんか?広めてください。

前回の記事で「あなたに戦争の覚悟はありますか?」と問いましたが、自分自身正直な気持ち愛する家族を残して尖閣諸島を護る為に戦争へ出ることができるかまだ結論が出せません。
 
なのでこういう形で少しでも行動をしてみます。




我が家では今日から完全に「No More Made In China」、実行することに決定しました。


では。

posted by yOSHI at 11:58| バンクーバー ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。